読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flowers For Algernon

FLOWERS for ALGERNON
9/1/1988 TOCT-25085

BOOWYが解散、ソロ活動後のファーストアルバム。

リリースが1988年9月1日なので、この記事を書いているのが2017年だから、29年程前という事か。BOØWY時代も含めると、俺は30年以上ヒムロックを追い続けているんだ。

 

 

ANGEL

ANGEL

ソロデビュー曲であり、ヒムロックとファンが、現在までとても大切に育ててきた曲。

 

 

 

ROXY

ROXY

 原曲がポップなROXYは、サポートメンバーのギタリスト本田毅がアレンジしたライブバージョンがカッコよくて大好き。

 

 

LOVE & GAME

LOVE & GAME

ヒムロックもファンとの掛け合いを楽しんでいるのが感じられるライブの定番曲。

 

 

DEAR ALGERNON

DEAR ALGERNON

 ソロになりBOØWYとは違うベクトルを示さなければ、との思いがあったであろうヒムロックの答えがこの曲だ。

 

 

SEX & CLASH & ROCK'N ROLL

SEX & CLASH & ROCK'N ROLL

 当時はタイトルにびっくりしたものだ(笑)曲は原曲はポップに(このアルバム自体がポップなのだが)、ライブではハードなアレンジ。

 

 

ALISON

ALISON

 とても綺麗な曲だ。ピアノもヒムロックの歌声も、とても綺麗。

 

SHADOW BOXER

SHADOW BOXER

 乗りもよく覚えやすい曲で好きなのだが、意外とライブでは演奏されることが少なかった。

 

TASTE OF MONEY

TASTE OF MONEY

 これもライブの定番。ヒムロックの弾け方と、サポメンの本田毅によるギターソロのパフォーマンスが見もの。

 

STRANGER

STRANGER

夢を見てるやつらに贈るDREAMIN、世間の常識とズレてる、夢を見ることができない奴らに贈るストレンジャー。

 

PUSSY CAT

PUSSY CAT

 当時も今も、あまり聞かないかな。ヒムロックを愛してやまない俺だが、ほとんど聞かなくなる「捨て曲」もありますよ。

 

独りファシズム

独りファシズム

 当時は捨て曲だったが、ライブ活動休止の時期が迫るにつれ、この曲を今のヒムロックがライブで歌ったら、と想像する事が多かった。