読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Neo Fascio

アルバム

NEO FASCIO
9/27/1989 TOCT-25086

Neo Fascio

Neo Fascio

  「独裁者」「ファシズム」がテーマのアルバムで独特の世界観がある。当時はそこまで深く考えて聞いていなかったのだが、自分も年を取り時間が経つにつれて見えてきた気がするコンセプト。

個人的な見解だが、このアルバムの前に、ソロになった布袋寅泰がギタリズムという素晴らしいアルバムを出し、対抗心ではないが、何か揺さぶられるものがあった中で製作されたこのがNEO FASCIOだと感じている。

 

OVERTURE

OVERTURE

インスト メンタル曲、オープニングに相応しい壮大なオーケストラ。


NEO FASCIO

NEO FASCIO

見事にこのアルバムのテーマ、世界観を表現している。ライブで演奏したのはこのアルバムのツアーのみでしょうか。


ESCAPE

ESCAPE

  曲の流れとドラムフレーズがトリッキーな、でもビートを感じるというのはいかのも氷室っぽい。


CHARISMA

CHARISMA

カリスマって言葉がまだ世間で馴染みのない時代だった気がする。途中のラップ調のところがかっこいい。  


COOL

COOL

サビが、氷室の「一番良い声  」が出る曲、その中の1曲がCOOLだ。


SUMMER GAME

SUMMER GAME

  ライブではエンジェルとタイマン張るほどの定番曲で、盛り上がりはハンパ無い!ただし、このアルバムの空気には合っていないかな。


RHAPSODY IN RED

RHAPSODY IN RED

  シングルカップリングは「BULE」。


MISTY

MISTY

ビデオクリップがちょっとグロテスクだが、曲自体はスローでメロディも綺麗。  


CAMOUFLAGE

CAMOUFLAGE

 サビ以外はちょっとだるいかな?まぁ、そのだるさからサビに移る時のビート感が少し気持ち良いかも。


CALLING

CALLING

  このアルバムのツアーで俺は初めてヒムロックのライブに参戦。ステージバックの大きなNEO FASCIOの旗の前で歌うCALLINGは今でも目に焼き付いている。当時も今も大好きな曲だ。

 

LOVE SONG

LOVE SONG

 ピアノをバックに歌うスロウソング。ヒムロックの歌のうまさが良くわかる曲だ。